知っておきたい!カラコンが汚れてしまったときの対処法

カラコンの汚れはきちんとケアして

カラコンの汚れはきちんとケアして 一昔前までは、まさに「白い目で見られる」なんてことも少なくなかったカラーコンタクトレンズ。その「カラコン」が今やオシャレの定番と化し、市民権を獲得している時代になりました。色も、柄も近年では更に派手になり、精巧なものとなっています。町を歩けば青い目や、赤い目に出会うことはもちろん、アニメのキャラクターの様な瞳さえも実現可能です。まさに皆がしているからこそ生じてくる問題もあります。その一つは、商品の多様化です。

様々なニーズに応えて多種多様のカラコンが販売されています。購入するのに眼科に行かなければならなかった時代はすでに過去のものとなりました。価格も、価格競争により低下し今や驚くべき低価格にて購入でき、インターネットで欲しい色のカラコンが数日で届く時代です。しかし、多様化、低価格化により生じた問題はもはや消費者1人1人が、自分自身で気をつけないと防げなく、消費者自身の身体に悪影響を及ぼすものになってきてしまっています。まず低価格すぎるカラコンには粗悪なものがあることを認識すること。新品のレンズ自体に欠陥があり、瞳に傷がついてしまったりすることがあります。それを防ぐためにショップのレビューをしっかりと見るなり、購入する自分自身が先見の目をもって購入しなければなりません。しかし、幸いなことに近年はそのような粗悪品が少なくなってきているように感じます。

それ以上に危惧したいのが、購入後のコンタクトレンズのケア及び瞳のケアに対する認識、関心の低さです。カラコンのみならず通常のコンタクトレンズにも同様のことが言えるのですが、洗浄などを怠っていませんか?使用期限を越えての使用をしていませんか?この問いに対して自信をもってyesと言える人は少ないのではないでしょうか。毎日使っているとつい油断してしまいがちな部分です。洗浄液が無い場面、コンタクトを外せない場面、替えのコンタクトが無いなど。様々な理由、場面がありどれも仕方の無いことだと思います。しかし、少しの意識と知識で、あなた自身の瞳に起こり得るトラブルを回避できるとしたらどうでしょう。ほんの少しの手間で、今の視界よりも更にクリアな世界を手にすることが出来たらどうでしょうか?瞳のトラブルは、恐ろしいもので最悪の場合、瞳の替えはききません。最悪の場合の失明なんてことにならないためにも、瞳とレンズのケア方法には興味を持ち、自分自身のためにしっかりと実行していくべきです。まずは、レンズの汚れについて考えてみましょう。

トピックス

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。